もう恋なんて

昼間っからこんばんみ、ビビる大木・・・じゃなくて僕です。

まず 僕は大木って苗字では無いし、今は昼間でもありません。
今の文章には二つのボケが入っていたんですね!これは、HIGH センス!

何言ってんだろ俺。

僕はバイトへ行く為にいつも電車を利用しているんですが・・・。

学生の電車通学・・・これは 恋が芽生える率が最も高いと、
どこぞの有名な 大学の教授みたいなホームレスが、
うわ言の様に言っていたそうです。

バイトへ行く為に いつも電車で 通勤している僕・・・。
なんと、今日は2回も・・・恋が芽生えそうな場面に 遭遇したのです。

今朝もバイトへ行く為に近所の さびれた駅のホームで 電車を待っていました。

すると、20代前後の女性が僕の前を横切り、僕の横へと来たのです。

「あなた・・・ずいぶんと可愛い坊主ね・・・あなたの頭を 一晩中ジョリジョリしたい」 なんて、
声を掛けに来たのではなく、彼女も僕と同じ電車待っている人でした。

その人は、500ml のミネラルウォーターを持っていて、
半分弱残っているようでした。

僕は携帯をイジりながら電車を待っていました。
するとその女性はミネラルウォーターをゴクゴクと飲み始めたのです。

まぁ・・・それだけなら別にどうでもいい事なんですが、
結構 無理をしながら飲んでいるみたいで・・・。

半分弱残ったミネラルウォーターをゴキュゴキュ喉を鳴らしながら飲み、
鼻息が 「スーッ・・・スーッ・・・」 と聞こえてました。

女性が必死で、ミネラルウォーターを飲みながら
鼻息を勇ましく鳴らす姿を見た僕は、若干引いてました。

彼女は恐らく、電車が来る前にそのミネラルウォーターを飲み干して、
手ブラで電車に乗ろうとしたのでしょう。

飲み干す前に電車が来ると思って、ちょっと焦ったのか・・・
それとも、隣にセクシーな坊主が居て興奮していたのか・・・。

僕は携帯をイジっていました・・・すると 隣から気持ちの悪い不気味な音が。

「ゴププッ・・・ゲプッ!」

「バシャシャッ!」


「・・・ウォイ!!」

女性
「す・・・すいませんっっ!」

そうです・・・飲んでたミネラルウォーターを駅のホームでぶちまけやがったのです。
しかも結構 勢いよく噴出したらしく・・・僕のシューズに
結構な量の水が掛かってしまいました。

別に怒った訳では無く、驚いてとっさに「ウォイ!!」と言ってしまったのですが、
女性は「いかつい坊主が怒ってしまった!」と思ったらしく、
「すいません・・・すいません・・・」を連呼。

「いや・・・大丈夫ですよ・・・大丈夫ですか?」と聞く僕。

「・・・え?」と、不思議そうな女性。

「あ・・・大丈夫なんで・・・」と言う僕。

「大丈夫ですよ(僕の気持ち)、大丈夫ですか?(あなたの状態)」
こういう意味で言ったつもりなんですけどね・・・。

その後、女性は恥ずかしそうにしていて、僕もいたたまれなくなったので
僕が彼女から離れました・・・今思うと 逆効果ですよね・・・この判断は。

あの時・・・あの女性がミネラルウォーターを噴出した瞬間に・・・
僕が 「おおっと!大丈夫かい?・・・気にしなくていいんだよ」 と甘い言葉を言えていたら。

悔やむばかりです・・・。

ちなみに田舎の寂れた駅なので、僕とミネラルレディを含め、
人は4人ぐらいしかいませんでした。

電車が来たので、電車に乗り、目的の駅まで到着。
ホームの階段を上っている時に、第2の恋が芽生える瞬間が。

僕がいつも電車に乗る時間帯は結構人が多いんです。
ホームの階段はいつも混むので、僕は電車が到着したら、
皆が降りてから電車から降り、階段を上るようにしています。

そうすれば人でゴミゴミした階段を危なっかしく上る必要もないので。
まぁ、時間的にも余裕があるのでね。

「よし・・・そろそろ行くか・・・」と階段を上り始めました。
すると僕と同時ぐらいに電車を降り、階段を上り始めた女性が。

見た感じ、僕と同い年かちょい年上ぐらいのボーイッシュな女性。
「うお・・・可愛い」 と思いつつ階段を上る僕。
携帯をイジりながら階段を上るボーイッシュガール。

すると、携帯を見ていて階段を見ていなかったボーイッシュガールが、
階段につまづき、僕の肩にぶつかって来たのです。

ボーイッシュガール
「キャッ!」


「アッ、チョ!」

決して、ブルース・リーのモノマネをした訳ではありません。
結構な勢いで僕の左肩にぶつかって来たので、僕も階段でよろけそうになり、
とっさに出た言葉が 「アッ、チョ!」 だったのです。

右隣に居たジジイが 「お前さん黄色いタイツを着てなかったかい?」 と
僕に尋ねてきたのは言うまでも無いぜ。

ぶつかって来た女性は必死に ごめんなさい!大丈夫ですか?」 と聞いてくる。
ここで僕は Cool に 「大丈夫スよ・・・」 と答えました。

「ごめんなさい・・・」 といいながら女性は足早に階段を上り、改札口へ。

「クソッ!何故ぶつかった瞬間にお姫様だっこしてやらなかったんだ!
俺のクソ生っパゲ!」 と自分自身を罵倒したのは 言うまでも無い。

僕も改札へ向かうと、そこにはさっき僕にぶつかって来た女性が、
改札の外で、スーツを着たイケメンと楽しそうに立ち話をしている姿を目撃。

なんか知らんけど、イラッと来た僕。
「クソ・・・数秒でもドラマティックな夢を見た俺・・・残念でした」 と
慰めつつ、通り過ぎようとしたらその女性が、

「あ!・・・さっきはすいませんでした」 と声を掛けてきました。

もういいよ・・・なんで話しかけてくんだよ・・・とか思いつつ、
「ああ、イイっすイイっす・・・」 と言いながら逃げようとした僕。

するとさっきまで彼女と立ち話をしていたイケメンが僕を見て、
「おっ・・・お前さぁ」 と声を掛けてきたのです。

「なんだこの野郎!!!やる気かオラー!!いつでもやったんど!!」
と言える訳も無く、「・・・はい?」 と答える僕。

イケメン
「お前・・・○○ちゃん(僕の事)じゃね?w」


「・・・はぁ・・・どなたでしょう?」

イケメン
「俺だよ!俺!同じ○○中学の!」


「しっ・・・しらねぇ・・・誰だ・・・新手の詐欺師か」

イケメン
「マッ・・・ジッかよ!w よく遊んだろーが!!w
Iだよ!ww ふざけんなよテメー!w」


「あっ・・・アアーッ!I君じゃん!お久しぶり!
髪型ツンツンで眼鏡かけたイケメンだから気づかんかった!」

正直、人間ってここまで顔が変わるのか?っていうぐらい変わってた。
その後少し喋って、I君が彼女に 「謝る事はねーよ!なぁ石井ちゃん!」 とか
言ってたんで、「ああ・・・土下座で勘弁してやるよ」 つったらややウケで落ち込みました。

I君に「○○ちゃん今何してん?」と聞かれ、「闇金」 って即答したら
彼女が 「うそーっ!」 って若干引いてたので 「ああ冗談だよ」 と言いました。

せっかくのボケが、やんわり信じられてしまった僕の顔立ちを恨みます。

まぁ・・・ドラマのような恋なんて出来る訳無いんですよね・・・ハハッ。

もう恋なんてしないなんて~言わないよ恋しない~・・・。
言うとるやないか!

ってかここまで長いくだらない文章を読んでくれたあなたへ朗報です。
プリズン・ブレイクのシーズン3が7月にリリースされるぜ!!!
しかもYahooニュースに 「プリズン、シーズン4 製作決定」 という記事が!!!

スコフィィィィィィィルドォ~!!!!

プリズン・ブレイク シーズン3 公式サイト(7/2 よりレンタル開始)

【今日の気になるニュース】
イー・モバイル爆破と書き込み・・・業務妨害 容疑で、高1逮捕。

d0074465_15273885.jpg

一体、何がしたかったのか。

携帯電話事業を展開する 「イー・モバイル」(東京都港区)の本社を爆破すると
インターネット掲示板に書き込みがされた 威力業務妨害 事件で、
警視庁赤坂署は29日、同容疑で、埼玉県 越谷市に住む
私立高校1年の男子生徒(16)を逮捕した。

「いたずらでやってしまった。申し訳ない」 と容疑を認めているという。

3日にわたり、同様の書き込みが 計18件あり、
同署は、いずれも生徒が書き込んだとみて、調べを進める。

[PR]

  # by nos1228 | 2008-03-30 15:33 | その他

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE